バンダイ
S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ
アンクスタンドセット

2011/07/16



同シリーズのオーズ・タトバコンボの箱と大きさ比較


オース・タトバコンボ初回早期購入特典のアンク(右)と比較)


アンク「おい、映司! お前もメダルを集めろ!」

 

 


アンク「お前、なんで俺の言うことを無視した!?」


 バンダイより発売された、S.H.Figuartsシリーズの「仮面ライダーオーズ アンクスタンドセット」です。

 オーズ・タトバコンボの初回早期購入特典として既に一度アンクは出ていますが、単品でリリースということで作り直し、塗装も豪華に、手首やセルメダルの山オブジェやスタンドがついて発売されました。

 平手(?)、ぐわっと開いた手、握り拳、アイスを3本持った手、そしてタカトラバッタ(と思われる)のコアメダルを手にした手の5種類と、セルメダルの山が2種類、魂STAGE4準拠のクリアー系台座がセットになっています。

 おまけアンクと比べ、手首は小さく、腕の羽根飾りは大きくなっていて、手首のボールジョイントも若干サイズが違うようでアンクスタンドセットの手首はおまけアンクには付けられません。
 デフォの平手はちょっと表情が違うから、出来れば互換があってほしかったかな。
 あまけアンクの手首の方が径の穴が大きいからスタンドセットの腕にはめ込むだけなら出来るんだけど。

 あと、何故かおまけアンクとアンクスタンドセットではアンクの英語表記の綴りが違ってる罠。
(おまけ:UNKH スタンドセット:ANKH)

 おまけアンクでは省略されていた金縁や指輪もしっかり塗装され、グラデーションもさらに綺麗に。
 ただ、細かいパーツだからしょうがないけど、コアメダルはクリアパーツを塗装してるみたいで、塗りが甘くて普通にクリア地が残ってる物があってちょっと残念。
 あと、アイス3本はグリードらしいといえばらしいけど、一本だけ持ってる状態にも出来ればよかったかな。

 付属品もついてクオリティアップしているとはいえ、腕一本キャラで通常の他のラインナップの製品と比較して半額なのは高いのか安いのか……。
 逆にいえば、製品化されるほどのキャラ人気であり、特例だと思えばまあそれなりのお値段、ということなのかな。

 ただ、僕は予約開始のスタートに乗り遅れ、とりあえず定価売りの通販のお店で予約した状態なんですけど、店頭への出荷量はどんなものだったのかなぁ。
 最近、モノによっては予約競争、即完売みたいな状況も多いしね。


2011/07/16到着
購入価格:1,575円

戻る

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット