バンダイ
リアルグレード 01
1/144 RX-78-2 ガンダム

2010/08/07


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 バンダイよりガンプラ30周年を記念して、1/1ガンダム立像をモチーフに新レーベルRG(リアルグレード)で「1/144 RX-78-2 ガンダム」が発売されました。

 これまで培った技術をふんだんに盛り込み、1/144スケールでありながら200を超えるパーツ数とリアリスティックデカールを貼ることでSUPER HCMPro並みかそれ以上の密度のガンダムが完成します。
 パチ組&墨入れ&つや消しコートを吹きました。
 素人の作品なので不出来な部分はご容赦ください><

 あと、ハンガーは電撃ホビーマガジン2010年9月号の付録で、RGガンダムには付属していません。

 1/144スケールなので当たり前ですが、パーツが細かすぎて組みにくい部分があったりやはり難度は高めかも。
 何気にVアンテナが加工不要のシャープな造形でビックリです。
 あ、あとコアファイターの機首にあたるパーツがちょっと形成不良だった罠。

 あと、7/25の日記にも書いてますけど、今回の目玉の一つでもある金属質感を表現した新デカール、小さいシールが飛んで行って紛失してしまったり、箔シールが貼りにくい&ガイドと思われる印刷の線が変&傷つきやすい&印刷が簡単に落ちる、などなど、ウリの金属表現の箔部分に難アリ、という印象です。

 それでも、苦難を乗り越え完成させた達成感はひとしおです。
 シールの余白とかはちょっと気になるけど、それでも自分の手でここまでの密度の物を作り上げれるという事実は感動ものです。

 合わせ目の露出はほとんどない代わりに、小さいパネル面のパーツなども少なくないので、気が付いたら無くなっている、なんてこともありそうなので危なそうなパーツは可能なら接着した方がいいかも。

 画像を撮るために動かしてて思ったことは、肘膝など連動スライドギミックなどある関節は強度や保持力は高いですけど、肩や股関節など1軸接続の関節部分はちょっと緩いかなぁ、という印象。
 あと、可動する手首の親指と人差し指のポロリ頻度が高すぎます。
 武器自体に固定のジョイントが用意してあるので保持力は充分で指でがっちりホールドする必要はないのですが、その握らせる過程でポロポロと……。
 外れやすいのは破損対策だと思うんですけど、これなら武器持ち手もつけてほしかったかなぁ。

 キットとしては、作るのは楽しいけどブンドドして遊ぶには難アリ、という評価。
 まあRGという新レーベルの第1弾ですしね。
 今後の展開に期待しましょう。

 次はシャアザクでしたっけ。
 ……そういえば、昔モデグラに付いてたケロロ軍曹プロデュースのデコレーションシールってシャアザク用の分は使わないでとっておいたと思ったけど、どこにしまったっけかな?


2010/07/24購入
購入価格:1,820円

戻る

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット