バンダイ
1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM SEED-44
ブルデュエルガンダム

2006/09/10


 

 

 

 

 

 
M7G2リトラクタブルビームガン

 
M443スコルピオン機動レールガン

 
Mk315スティレット投擲噴進対装甲貫入弾

 
ES05Aビームサーベル(左)
デュエル専用ビームライフル(右)


 バンダイより発売された「1/144 HG GUNDAM SEED-44 ブルデュエルガンダム」です。

 今夏より配信されているガンダムSEEDのオリジナルサイドストーリー「スターゲイザー」に登場する機体で、前シリーズ「機動戦士ガンダムSEED」に登場したデュエルガンダムを元に改良されたバリエーション機とのことです。

 ヴェルデバスター同様、原型であるデュエルのランナーを流用されていますが、股軸の横ロールなど、ストライクノワールに盛り込まれた技術も導入されています。
 デュエルを作ったこと無いので違いはわからないんですけど、追加装甲アサルトシュラウドにさらに装甲を増加させた感じ。
 アサルトシュラウド+増加装甲は外せそうだけど、腰部はリアスカート付きの専用パーツになっているので、すっきりデュエルに分離は出来なさそう。

 額のアンテナ基部のパーツ以外のオレンジの部分は全てシールです。

 ヴェルデバスター程の特徴的なデザインの変更は無いためか、右肩のシールドとリニアガンの懸架アームはなんか蛇足っぽいなぁ、とか感じちゃったり。
 実際、この重量で肩が下がり気味だし。

 リトラクタブルビームガンはストライクノワールのビームライフルショーティーとかぶってるし、収納ギミックによるアームのせいで手首の自由度が制限され、結果、ストライクノワールほどポーズが決まらないような。

 とは言いながら、MSVの王道であるフルアーマー化路線のガンダムSEED代表格のこのデザインはむしろ好きだったりするわけで、個人的にはファントムペインの3機の中では一番好きかな。
 同じX100番フレーム系のMSながら、三種三様のはっきりしたこの三機。
 コレクションアイテムとしても、なかなか面白い製品だと思います。


戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット