バンダイ
1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM SEED-42
ヴェルデバスターガンダム

2006/08/13


 

 

 

 

 
フェイスガードオープン(右)

 
350ミリガンランチャー(左)
94ミリ高エネルギービーム砲(右)


220ミリ多目的ミサイル6連装ポッド

 
M9009B複合バヨネット装備型ビームライフル

 
大出力2連装ランチャー形態

 

 


 バンダイより発売された「1/144 HG GUNDAM SEED-42 ヴェルデバスターガンダム」です。

 今夏より配信されているガンダムSEEDのオリジナルサイドストーリー「スターゲイザー」に登場する機体で、前シリーズ「機動戦士ガンダムSEED」に登場したバスターガンダムを元に改良されたバリエーション機とのことです。

 完全新作であったストライクノワールと違い、原型であるバスターのランナーを流用されていますが、股軸の横ロールなど、ストライクノワールに盛り込まれた技術も導入されています。
 まあ、バスターは作ったことがないので、どれほど違いがあるかはわからないところも多いんですけど。
 あと、ストライクノワールについていたものと同じスタンド付きです。

 やったのはワンポイント塗装と、フロントアーマーの分割だけかな。

 バスターよりゴツくなった印象のヴェルデバスターですけど、その印象を強く受けるのはやはり肩の増加装甲と、腰のM9009B複合バヨネット装備型ビームライフルですね。
 っていうか、増加装甲とM9009B複合バヨネット装備型ビームライフル、両方ともかなり大型なため、正直邪魔。<えー
 腰部のアームと腕での2点支持になるわけですけど、コレが当たり前のことながら可動範囲を制限してしまうので、手持ち火器のようなハッタリの効いたポーズをとらせづらいという難点が。
 バスター装備だった二門の砲は肩の増加装甲部分に移された訳ですけど、これも一箇所のボールジョイントでのみの接続になっていて、左右はともかく、上下方向への向きは肩アーマーの角度次第という表情が付けづらい難点も。

 正直、砲戦型は長柄の砲身を横に構えて撃つのがカッコイイなぁ、とか思うわけで。
 どんなに頑張ってもフリーダムのフルバーストもどきにしかならないのが勿体無いという印象。

 あと、太ももに横ロールがあるので、ぺたん座りが出来ます。<ええー

 折角なのでストライクノワールを一緒に飾ろうと思ったんですけど、角度の付いた軸って、角度きつすぎない?
 変形した飛行タイプMS用なのかな?


戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット