トミーダイレクト
スター・ウォーズep3 DXフィギュア
グリーバス将軍 ライトセーバーアタック

2005/09/05


 

 


頭を押し込むと肩のバネ仕掛けで上の腕が跳ね上がります


 スター・ウォーズep2とep3をつなぐアニメーション作品「クローン大戦」の後半から登場する半ドロイドのグリーバス将軍です。

 格下とはいえ複数のジェダイ騎士を相手に大立ち回り、ドロイドである身体的特徴を生かしたハチャメチャな動きが見てて面白いと思ったキャラクターです。
 劇場までep3を観に足を運んだのも、実写(CG?)での彼の活躍を見たかった、というところも強かったです。

 まあ、可動に関してはちょっと動く程度。
 グリグリ動かして遊ぶものじゃないですね。
 関節が入っているところは見てわかりますし、手首や足首に可動軸やロールなどは入っていません。

 肩にバネが入っていて、隠し腕を下げたところで固定。
 首がスイッチになっていて、押し込むと隠し腕が上に跳ね上がります。
 まあ、このギミックのための玩具って感じですね。

 跳ね上がった隠し腕の角度は、オビ=ワンとの戦闘開始前の威嚇ポーズのイメージかな?

 ……4本腕対ライトセーバー一本じゃもうちょっと善戦すると思ったんだけどなぁ……クローン大戦での相手にしたジェダイ騎士が弱かったのか、真の主役オビ=ワンが強すぎたのか……。

 あと、グラッピングフックランチャーっていうのが付いて来てるんですけど、こんなの使ったっけ?


戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット